カテゴリ:川( 58 )

吉野川の源流は今まで3回行ったけど、本当にきれいでいい所。
そして何より、いつも見ている雄大な吉野川が、こんな小さな一粒から始まっているんだと思うと、
あまりに感慨深く、ただただ無言で水に触れたり飲んだりを繰り返す。

大学生のときのことだが、源流の碑のもっと上の急斜面を、草をかき分け4本足で登ったとこで、
水が湧き出ている小さな水たまりを見つけた。
そこで10匹ほどの小さな小さな赤ちゃんサンショウウオに出会ったのだ。
これこそが本当の源流なんだと、喜びを深く噛み締めた思い出。f0219195_17284585.jpg


f0219195_1729856.jpgf0219195_17291773.jpgf0219195_17292538.jpgf0219195_17293581.jpgf0219195_17294392.jpg
[PR]
by camera-girl | 2010-05-27 17:30 | | Comments(2)
吉野川第十堰の上を流れる水が干上がり、堰の上にいた稚鮎が水たまりに取り残されてました。
放っとけば干上がって死ぬ運命。

そこで必死の救出作戦決行。
ひたすら網ですくって川の中へ帰す。

めっちゃ素早いはずの鮎が、水たまりの中では一度網を振り回せば軽く10匹は入る。
かわいそうに思う反面、鮎がこんなに簡単に穫れるのは初めての経験で、楽しくもあった。

そして惜しくも死んでしまった稚鮎は、天ぷらにして美味しくいただいた。
稚鮎は普通穫ることは禁止されていて、食べる機会はほとんどないのに、腹一杯に食べた。

稚鮎の遡上の最中に重なってこんなことが起こるのは10年に1度くらいのことらしく、
鮎には申し訳ないが運が良かった。

でも本当は、こんなことの起こらない、魚にとって影響のない形の堰にできたらいいのに。

f0219195_15385147.jpgf0219195_1539538.jpgf0219195_15391790.jpgf0219195_15395273.jpgf0219195_1540190.jpg
[PR]
by camera-girl | 2010-05-17 15:41 | | Comments(2)
吉野川の第十堰の上の旦那。
後ろの山のグラデーションが好き。

f0219195_17103348.jpg
[PR]
by camera-girl | 2010-05-11 17:10 | | Comments(2)
仁淀川を泳ぐ紙のこいのぼり。
空にはこいのぼりの凧が自由に泳いでた。
f0219195_1455547.jpgf0219195_146362.jpg
[PR]
by camera-girl | 2010-05-10 14:06 | | Comments(0)
GWは高知で。
まず1泊2日で仁淀川32kmをカヌーツーリング。
水量が多かったため瀬がいくつもあり、ドキドキヒヤヒヤしながらの2日間。
上流の方は護岸もなく気付けば川と山と空だけの、人工物が何もない世界。
すごい景色だったー。いい川。
f0219195_11332550.jpgf0219195_11333429.jpgf0219195_11334332.jpg
[PR]
by camera-girl | 2010-05-06 11:36 | | Comments(5)
家の隣は、川があって開けているから、空がきれいに見れる。
川沿いの桜並木は終わりかけ。
あ、5・7・5。
f0219195_1259456.jpg
[PR]
by camera-girl | 2010-04-22 13:00 | | Comments(0)
吉野川河口を散歩。
釣り好きなおっちゃんが手作りしたであろう釣り場発見。
中はちょっとした部屋のよう。
f0219195_2057394.jpgf0219195_20573312.jpgf0219195_20582555.jpg
[PR]
by camera-girl | 2010-04-02 20:58 | | Comments(0)
去年の11月。
徳島の、吉野川にある無人島、善入寺島でカヌーツーリングキャンプをした。
日の出が見たくて、苦手な早起きをした。
朝は、どんどん色が変わっていく。
f0219195_14183476.jpgf0219195_1418447.jpgf0219195_14185279.jpg
[PR]
by camera-girl | 2010-03-01 14:21 | | Comments(0)
←menuへ