スナヤツメ

この前、千葉の久留里であった【野田知佑の川遊び教室】というイベントにスタッフとして参加させてもらった。

少し足を入れるとすぐにヘドロが出てくるような川だったが、
「ガサガサ」という網で小魚を採る遊びを子どもたちに教えた。
f0219195_1862092.jpg

アメリカザリガニにブルーギル、ブラックバスといった、見事に外来種ばかりがとれる中、
1匹だけ非常に珍しい魚がとれた。

ヤツメウナギ科の、スナヤツメ。
f0219195_1865083.jpg

水の汚れに弱く、環境庁レッドリストで、絶滅危惧Ⅱ類とされている魚らしい。

ヤツメらしき模様はあっても、目がなかったのでなんなんだろうと思っていたが、
幼生は泥の中で過ごすため目が皮下に埋没しているそう。
成体になると消化器が退化して餌を食べず、産卵して死ぬそうな。
なんとも儚い運命・・・

ガサガサのやり方を教えていた女の子が、私の手本を見ても最初は「できない」と言っていたのに、だんだんいっしょにやり始めて、この日一番の注目を集めるこのスナヤツメをとることができたのがとても嬉しかった。


にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
[PR]
by camera-girl | 2011-06-10 18:23 | | Comments(2)
Commented by lll_MAYU_lll at 2011-06-11 18:45
こんばんは^^

お祝いコメントいただけて、とっても嬉しかったです。
ありがとうございました。

川遊びなんて、なかなかできない体験ですね。
私もあんまりやったことないかも^^;
外来種ばかりのなかで、絶滅危惧種が
みつかったなんてビックリ!
水の汚れが苦手なのに、生息していたってことは
水がキレイなのかなぁ??
Commented by camera-girl at 2011-06-12 01:10
>MAYUさん
コメントありがとうございます♪
川遊びは大人も子どもも夢中になりますよ^^

ここの川は、底に溜まった泥は汚れていても、
流れている水は案外きれいだったのかもしれませんね。
意外な生き物がとれると嬉しいですね♪
←menuへ